CONTACT

BLOG

2022.09.22Shopify

もう顧客を逃さない!ECサイトとオフライン連携について

⬛「ECサイトとオフライン連携」により、シームレスな顧客体験を生み出す

「ECサイトとオフライン連携」とは、オンラインとオフラインの区別なく購入体験ができることを表現しています。

どれだけシームレスかというと、中国のテンセントのショップでは、「顔認証決済」を導入することにより、もはや決済端末を持たずとも、買い物ができるといった具合です。

⬛オフライン連携が生まれた背景

背景には「実店舗がショールーム化している」という状況がありました。
どういうことかといいますと、実店舗へ行き、商品を見た後に「Amazon」や「楽天」といったECサイトで、見た商品を購入するということです。これでは商品を売っている店舗には何のメリットもありません。
それを改善しているのがオフライン連携というわけです。

オフライン連携をすることにより、実店舗で見たものをタイムレスでシームレスに、そのまま購入することが可能です。店舗に在庫がない場合でも、他店舗や倉庫に在庫があれば、そのままECサイトでの発注で後日配送することができます。

これにより、Amazonや楽天といった巨大モールへ顧客が流れないようにすることができます。

⬛実店舗の良さを活かせる

実店舗の良さの一つに、「接客スタッフの応対の魅力」があります。コミュニケーション能力の高いスタッフの応対に魅力を感じて商品を購入しようとする消費者は実は少なくないのです。在庫切れによって、それが叶わないとうことは、消費者にとっても、店舗側にとっても「悲劇」です。

オフライン連携はこういった悲劇が繰り返されることなく、気に入ったスタッフのレコメンドを購入することができ、満足度の高い顧客体験を生み出すことが可能です。

⬛オフライン連携を実現させるためのハードル

高いシステム面の整備が必要です。顧客データや商品データの実店舗とECサイトの一元管理が必要です。特に商品在庫管理に関するルールの厳密な管理が必要になります。また、モバイル決済は必須です。セキュリティ対策も万全にしなければなりません。不正アクセス対策はもちろん、情報漏洩対策、プライバシー保護もECサイト以上に厳格なものでなければなりません。



⬛オフライン連携を実現させるアプリ

「Shopify POS」というアプリによって、オフライン連携を実現させることはできます。ただし、上で書いたようなシステム面の整備に関しては、アプリを導入することだけでは、叶わない可能性が高いので、注意が必要です。

⬛まとめ

今回はECサイトのオフライン連携についてお話しました。

こういった案件に関しましてもアライバルクオリティーでは対応させていただいております。ご興味ありましたら是非、一度お気軽にご相談くださいませ。

CONTACT US

PAGE TOP ▲
© 2012-2022 Arrival QUALITY Inc.