「もっと良くしたい」と考えられる方はしんどい時があっても楽しくやっていける
WEB医者

なぜAQを選んだか

学生時代にロンドンに滞在していたこともあり、ロンドン進出も考えているということが目に止まったことがきっかけです。ECサイトを運営していた経験もあり、売上が上がるようPDCAを回していくことが好きでしたので、「売るためのストーリーをデザインします」という会社のタグラインにも惹かれました。また、入社前からSTORYに上がっている事例を見て、ビジュアルアウトプットの方向性も自分の感性に合っているなと感じたのでAQを選びました。

入社してみて感じたこと

お客様の課題に向き合ってその解決策の提案がしたいと考えていたので、入社時はアカウント職でしたが、制作工程に深く関わりたい思いが強くなって、部署異動して現在はディレクター職を担っています。
そういったフレキシブルな対応が出来るところもAQのいいところだと思います。
前職でEC運営の経験があった為、なんとなく作業フローのイメージは出来ていたつもりだったのですが、自社内制作とクライアントワークではやり方とレベルが違ったのはとても勉強になりました。ディレクターとして黙々と一人で作業することもありますが、何より、チームワークとコミュニケーションが重要で、より横の連携が必要だなと再認識した次第です。

AQでしている仕事

ディレクター職です。

クライアント様から発注を頂いて、アカウントから引き継ぎを受けた後、進行管理を行います。実際、クライアント様に対するヒアリングを経て、制作要件を定義・設計し、UIUXへと落とし込みます。
どのようなアウトプットにすれば売れるか、デザイナーや自分以外の先輩ディレクターとも相談しながら進めます。ここ数年は、写真撮影の段取りや現場ディレクションも業務として増加傾向にあるので、仕事の幅を広げられてスキルアップにもつながっていると思います。

嬉しかったこと

やっぱり、担当させていただいたプロジェクトの結果が出た時ですね。
売上が昨年度対比を上回ったり、転換率アップに繋がったり、改善策がハマって、結果、喜びの声をいただいけることが素直に嬉しいです。その後の継続的なご発注やご相談をいただけることが、自身のやり甲斐に繋がります。

出来るようになったこと

入社前は異業種に就いていたので、そこから考えると本当に色々なことが出来る様なったと思います。
議事録のとり方一つとってもそうですし、ワイヤーフレームの書き方、詰め方など数が数えきれない程あります(笑)
まだ2年弱ですが、自身の人生の中で一番キャパが広がって、それに合わせて見える世界も広がった2年だとも思います。
また、スピードや効率を意識して仕事を行うようになったので、それに対する自身のマインドにもとても変化がありました。

3年後の目標

より専門性を持って、クライアント様により良い提案をしたいです。
そしてより頼られるディレクターとしてクライアント様のゴールに対して寄り添って走る事ができるディレクターになっていたいです。

入社を検討している人へメッセージ

AQは、直接クライアント様案件が9割ですので、ダイレクトに自身のアイディアや企画を生かせる会社だと思います。
未経験でもどんどん伸ばされます(笑)
ディレクターは求められる資質が多くありますが、「もっと良くしたい」「もっとこうした方がいいんじゃないか」と考えられる方は、
しんどい時があっても、楽しくやっていけると思いますので、自身の成長とクリエイティブワークを求めたい方に是非門を叩いて頂きたいですね。

PAGE TOP ▲
© 2012-2019 Arrival QUALITY Inc.