BLOG

4年連続売上200%増|3人で運営する急成長インテリアEC

ECを始めたきっかけを教えてください。

 

今のEC事業を始めたのが4年前の2016年です。元々、人事研修や採用支援などの事業を2008年から行っていましたが、当初からそのタイミングで新規事業をいくつかスタートさせたいという思いがあって、認定資格事業や民間保育園など、人材や教育の方向で新規事業を模索していました。

 

当時は、私自身が全国に講演や講習で飛び回っていて、なかなか社内でメンバーと過ごす時間が持てず、 価値観の共有や風土の醸成がうまくいっていないという実感もありました。
新規事業をある意味、社内のコンディションを再生させるカンフル剤として促進させました。

 

 

なぜ家具という商材を選ばれたのでしょうか?

 

ビジネスの基本は、B2BでもB2Cでも「お客様が将来から逆算してワクワクできるか?」ということだと思います。

 

例えば アパレルなら、買う人がジャケットを探しにお店に行って、「自分が持っているパンツと合いそう!」という“買った時の良い未来”を想像することができるかどうか。

 

社内に新たなシステムを導入する時に、いくつかの業者の方のプレゼンを聞き、どれも同じようなサービスだとする。でもA社よりB社の方がはるかにコストが安い。でもA社の担当の方は経営者である自分の描いている将来像を共有し、 その上で自社のサービスがどう活かせるのかをプレゼンして、 B社は商品内容のこと、低価格のことを中心にプレゼンしたとする。 仮に同じようなサービスだったとしても、私なら自分が描いている将来に近づけるサービスを選ぶでしょう。

 

自分の家の家具を買い替えるとき、実店舗にしてもネットショップにしてもワクワクするお店がなく、選択の不自由さと業界の未成熟さを感じていて、もっと基本的なことですが、お客さまにワクワクしてもらえるようなお店作りをすれば、後発参入だったとしてもきっとマーケットから支持されると確信して参入を決断しました。

 

 

気になる売上について教えて下さい

 

初年度年2,500%

2018年度200%

2019年度200%

2020年度200%

と、売上は順調に上がっているので、“共感”を頂けているのかなと思っています。

 

 

ネットショップの体制を教えて下さい

私を含め、3人で運営しています。

 

 

今後チャレンジしたいことは?

動画を利用していきたい。
動画コマースやライブコマースなど、現事業に通じるものがいいですね。
御社にお願い出来ますか?(笑) 

あとはサブスクリプションモデルで、地域ネットワークを繋ぐ物流ソリューションを展開していきたいですね。

 

《つづく》

 

kirario ONLINE STORE

 

STORY about kirario

 

「自分のお店を持ちたい」から月商500万円に
1人の主婦が始めたジュエリーECの軌跡

#STORY #E-COMMERCE #JEWELRY

ワイン好きから日本一を目指して
未経験→年間7万本販売のメガワインECへ

#STORY #E-COMMERCE #WINE

CONTACT

最短即日OPEB EC STORE

PAGE TOP ▲
© 2012-2020 Arrival QUALITY Inc.