キックオフから納品まで
最も近くで
ご意見を聞きながら制作
二人三脚だと思っています
DIRECTOR
当社を選んだ理由を教えてください
前職ではメーカー直営店の店舗運営を担当していました。自ら店長として販売計画を考え、販促物のクリエーティブを作成する中で、それまで業務の一翼だったデザインの専門性を高めたい想いと、実際に店舗で培った視点をデジタルなフィールドでどこまで活かせるのか?、というチャレンジから転職を決意しました。当社の「売るためのストーリーをデザインする」というコンセプトは、店頭で常に「売るためのストーリー」を考え、実現するための「デザイン」に試行錯誤をしてきた自分にはぴったりの視点でした。
対面販売は「見えるお客様」とのやり取りの積み重ねなので、WEBの場合でもサイトを通して繋がる先のお客様を具体的にイメージができる想像力は、自分ならではの強みだと思っています。
営業からディレクターになった転機とやりがい
前職でも営業職を経験していたことから、当初はアカウント職(マーケティング)としてストーリーテラーを志望して入社しました。元々クライアントとのやり取りや課題整理が得意分野であったことから、進行管理を一貫して担当するディレクターに推薦いただいたことが異動のきっかけです。
ディレクター職ではご依頼を頂いたキックオフからご納品まで、得意先様の一番傍で進行を管理する立場ですので、得意先企業の担当者様にとっての自分は二人三脚の立場であると考えています。その分、最も近くでご意見を聞きながら進行していきますので、ご納品の際に「お疲れ様でした」と労い合えたり、「今後ともお願いします」と継続してゆくお付き合いを想像していただけた時には、こちらの喜びもひとしおです。WEBの場合、トレンドや情勢に合わせての変化が継続的に必要なものですから、得意先様にとっての制作物の納品はゴールではなく、あくまでスタートとなります。それゆえ、運用フェーズで実際に携わる方々を考えたサイト作りをすることが、目下の目標です。
これから何の成長を加速させたいですか
会社としての更なる顧客満足度。
得意先企業様と当社が「Win=Win」であることが、今後のお仕事に直接繋がってゆくと考えています。
成果物や制作進行の過程に対して満足をしていただけること、それを一つ一つ積み重ねてゆくことが、大きく引いて見た際に、会社の成長の一旦となれていれば良いなと思っています。
MORE
INTERVIEWS
BACK